益子(ましこ)方々(かたがた)へのインタビュー

佐藤敬(さとうたかし)さんインタビュー

(あわ)黄色(きいろ)がやさしく、素朴(そぼく)ながらどこか繊細(せんさい)さも(かん)じさせる(うつわ)
それらを()()しているのが、陶芸家(とうげいか)佐藤敬(さとうたかし)さんだ。
益子(ましこ)(つた)わる()ろくろの技術(ぎじゅつ)()()ぎ、そこに(あら)たな感性(かんせい)(くわ)えて
現代(げんだい)食卓(しょくたく)にも()日常(にちじょう)(うつわ)(つく)(つづ)けている。
セレクトショップや人気(にんき)ギャラリーで(あつか)われるなど
若者(わかもの)からの人気(にんき)(たか)佐藤(さとう)さんに、作品(さくひん)づくりについてうかがった。

(くわ)しくはこちら


佐藤敬(さとうたかし)インタビューページ

Takashi Sato

佐久間藤也(さくまふじや)-陶芸家(とうげいか)-

濱田庄司(はまだしょうじ)(1894〜1978)は、益子焼(ましこやき)日常的(にちじょうてき)食器(しょっき)から(とこ)()(かざ)るような芸術品(げいじゅつひん)にまで(たか)めた陶芸家(とうげいか)である。佐久間藤也(さくまふじや)-さんは、濱田庄司(はまだしょうじ)交流(こうりゅう)のあった佐久間藤太郎(さくまふじたろう)-さん(1900~1976)のお(まご)-さんです。現在(げんざい)-益子焼(ましこやき)-のオリジナル商品(しょうひん)-(つく)-(つづ)-けている佐久間藤也(さくまふじや)-さんに、陶芸家(とうげいか)(こころざ)したきっかけや益子焼(ましこやき)についてお(はなし)(うかが)いました。

(くわ)しくはこちら


佐久間藤也(さくまふじや)さんインタビューページ

Fujiya Sakuma

濱田友緒(はまだともお)-陶芸家(とうげいか)-

日本(にほん)民藝品(みんげいひん)陶器(とうき)など)の価値(かち)()げた人間国宝(にんげんこくほう)濱田庄司氏(はまだしょうじし)(まご)濱田友緒(はまだともお)さん。
濱田友緒(はまだともお)さんは、現在(げんざい)でも陶器作(とうきづく)りをオートメーション()することなく、100年前(ねんまえ)手作(てづ)りの工法(こうほう)(もち)いて陶器(とうき)制作(せいさく)している。(いま)では東京(とうきょう)のデザイン(けい)のショップにも濱田(はまだ)さん制作(せいさく)陶器(とうき)販売(はんばい)されている。その濱田友緒(はまだともお)さんに「益子焼(ましこやき)魅力(みりょく)」について(かた)ってもらった。

(くわ)しくはこちら


濱田友緒インタビューページ

Tomoo Hamda

加藤靖子(かとうやすこ)-画家(がか)-

(あか)(みどり)(むらさき)()…。(あざや)やかな色彩(しきさい)(えが)かれる(むし)(さかな)(ねこ)にイグアナ。
()ていると(おも)わず()みがこぼれるような、ユーモラスでカラフルな()(もの)()(えが)くのは、益子在住(ましこざいじゅう)画家(がか)加藤靖子(かとうやすこ)さんだ。
ビビットな色合(いろあ)いはすべて色鉛筆(いろえんぴつ)表現(ひょうげん)されている。
個展(こてん)(ひら)くたびに作品(さくひん)好評(こうひょう)()ている加藤(かとう)さんに、
作品(さくひん)のこだわりや益子(ましこ)への(おも)いをうかがった。

(くわ)しくはこちら


加藤靖子(かとうやすこ)さんインタビューページ

Yasuko Kato

横山雄一(よこやまゆういち)-陶芸家(とうげいか)-

栃木県益子町(とちぎけんましこまち)陶芸創作(とうげいそうさく)(おこな)いながら、陶芸体験(とうげいたいけん)(おこな)い、カフェ2店舗(てんぽ)、レストラン1店舗(てんぽ)、パン()1店舗(てんぽ)経営(けいえい)している横山雄一(よこやまゆういち)さん。様々(さまざま)なチャンネルを(つく)ったのには、陶芸(とうげい)(たの)しんでもらうきっかけを(おお)くしたかったから。そんな横山(よこやま)さんに「益子焼(ましこやき)」への(おも)いを()いてみました。

(くわ)しくはこちら


横山雄一インタビューページ

Yuichi Yokoyama